• 沖田総司の少年時代を描く『この剣が月を斬る』がマガジンで連載スタート!甲本ヒロト独占インタビューも公開

    2016年06月30日
    楽しむ
    日販 ほんのひきだし編集部 芝原
    Pocket

    新選組・沖田総司の少年時代を描く青春漫画『この剣が月を斬る』連載スタート

    6月29日(水)発売の講談社「週刊少年マガジン」31号より、新連載『この剣が月を斬る』がスタートしました。著者は『ベイビー・ワールドエンド』(全4巻/「別冊少年マガジン」連載作品)や、「週刊少年マガジン」に掲載された読み切り漫画『SEKAI NO OWARI物語』を手がけた堀内厚徳さんです。

    少年マガジン 2016年 7/13号
    著者:
    発売日:2016年06月29日
    発行所:講談社
    価格:270円(税込)
    JANコード:4910206520768

    01

    『この剣が月を斬る』は少年だった新選組隊士たちが「強さとは何か」「大人になるとは何か」を学んでいく、青春を描いた作品です。

    舞台は幕末の江戸。剣術道場「試衛館」に預けられた9歳の少年・沖田宗次郎は、後に局長「近藤勇」として新選組を率いることになる剣豪・嶋﨑勝太の弟弟子となります。勝太の指導のもとで剣術を磨き、人としても成長していく宗次郎。しかしある時、宗次郎の中に眠る“闇”が目を覚まします……。

    連載開始時からプロモーション動画が作られるのは、非常に珍しいことです。これは週刊少年マガジン編集部の期待の表れといえるでしょう。

    02

     

    「ザ・クロマニヨンズ」甲本ヒロト×『この剣が月を斬る』堀内厚徳の対談企画が公開!

    『この剣が月を斬る』の連載開始を記念して、著者の堀内厚徳さんが「夢」「感動」「友だち」をテーマに、大ファンだというカリスマロックバンド「ザ・クロマニヨンズ」のボーカル・甲本ヒロトさんへのロングインタビューを敢行! 「週刊少年マガジン」の公式サイト「マガメガ」にて、その模様が公開されています。そういえば堀内厚徳さんの作品『ベイビー・ワールドエンド』にも、THE BLUE HEARTSのヒット曲「リンダリンダ」が出てきましたよね。

    後に歴史を揺るがすことになる新選組隊士たちの、「夢」や「感動」、「仲間」への思いはどのように描かれるのか? 『この剣が月を斬る』のこれからがますます楽しみです。

    〉『この剣が月を斬る』連載記念スペシャル対談!甲本ヒロト×堀内厚徳
    http://news.kodansha.co.jp/20160628_c01?_ga=1.196403304.598589520.1410146364

     

    『この剣が月を斬る』主要キャラクターのラフデザインを公開!

    今号の「週刊少年マガジン」からスタートした新連載『この剣が月を斬る』。今回は特別に、主要キャラクターのラフデザインをお見せします!

    03_r 04_r 05_r

    宗次郎(沖田総司)、嶋崎勝田(近藤勇)、そして土方歳三……。それぞれに雰囲気のある、魅力的なキャラクターの造形になっています。気になった方はぜひ6月29日(水)発売の「週刊少年マガジン」31号で、『この剣が月を斬る』(略称『この月』)をチェックしてみてください!!

    タグ
    Pocket

  • kumon10/12~10/26 SP記事下

    『40周年限定版 くもんのはじめてのおけいこ』
  • GoogleAd:007



  • 関連記事

    ページの先頭に戻る