ダイナマイトで家を破壊!Twitterで人気の『3びきのかわいいオオカミ』は結末こそ読んでほしい

2016年07月02日
楽しむ
日販 仕入部 齋藤(児童書担当)
Pocket

3匹のかわいい…「オオカミ」……!?

あるところに、3匹のかわいいオオカミが、お母さんと一緒に暮らしていました。

「さあ おまえたち、そろそろ ひろい せかいに でておいき。かあさんの うちを でて、じぶんたちの うちを つくりなさいな。でも、わるい おおブタには きをつけるのよ」

「えっ、悪い大ブタ!?」と驚いた方も多いでしょう。今回ご紹介する『3びきのかわいいオオカミ』(文:ユージーン・トリビザス 絵:ヘレン・オクセンバリー 訳:こだまともこ/冨山房)は、有名な『3びきのこぶた』のパロディ作品です。

3びきのかわいいオオカミ
著者:ユージーン・トリビザス ヘレン・オクセンバリ 小玉知子
発売日:1994年05月
発行所:冨山房
価格:1,512円(税込)
ISBNコード:9784572003331

『3びきのかわいいオオカミ』が刊行されたのは、今から20年以上前の1984年。しかし最近投稿されたツイートをきっかけに、人気に火が付いています。

こちらのツイートが投稿されたのは5月下旬。それから売上が急上昇し、6月はなんと4月に比べて8倍以上にもなっています(日販 オープンネットワークWIN調べ)。

3ookami_win

『3びきのこぶた』は、「3匹のブタの兄弟がお母さんに家から送り出されてそれぞれ家を建てた。1番目の子ブタが作った藁の家と2番目の子ブタが作った木の枝の家はオオカミに吹き飛ばされてしまったが、3番目の子ブタは頑丈なレンガの家を建てたので、オオカミが吹いてもびくともしない。ついにオオカミは煙突から忍び込もうとするが、子ブタは暖炉に鍋を仕込んでおり、オオカミは煮えたぎる熱湯の中へ……」というストーリー。

それでは『3びきのかわいいオオカミ』は、どんなお話なのでしょうか?

1 2
Pocket

タグ
  • ほんのひきだし公式Instagram

    ほんのひきだし公式Instagram
  • 関連記事

    ページの先頭に戻る