• カマクラの街がブックタウンに変身!「ブックカーニバル in カマクラ」で“本談会”開催【5/28・神奈川】

    2016年05月26日
    楽しむ
    ブックカーニバル in カマクラ 実行委員会 志賀
    Pocket

    2016年5月28日(土)に鎌倉市由比ガ浜通りで行われる「ブックカーニバル in カマクラ 2016」にて、鎌倉にゆかりのある作家や編集者、研究者などを招いて“本の作り手”と“読み手”の心をつなぐトークイベント「本談会」が開催されます。

    今年は絵本作家の長野ヒデ子さんや「オズマガジン」の古川編集長など4名が登場。鎌倉と文学の関わりや、想いが本になるまでについて語ります。

    hondankai-flyer

     

    プログラム詳細

    vol.1【11:00~11:50】長野ヒデ子さん(絵本作家)

    長野先生は『せとうちたいこさん』シリーズ、『おかあさんがおかあさんになった日』などで知られる絵本作家。ほんわか温かい作品そのままのような方です。当日は紙芝居の実演もしてくださるそうです。

    デパートいきタイ
    著者:長野ヒデ子
    発売日:1995年11月
    発行所:童心社
    価格:1,404円(税込)
    ISBNコード:9784494005703
    おかあさんがおかあさんになった日
    著者:長野ヒデ子
    発売日:1993年07月
    発行所:童心社
    価格:1,404円(税込)
    ISBNコード:9784494008599

    長野ヒデ子公式HP http://www.taikosan.com/

    vol.2【13:00~13:50】小田島一弘さん(鎌倉文学館 副館長・学芸員)

    鎌倉文学館のユニークな展示企画を次々に打ち出している小田島さん。当日は鎌倉時代に京都から鎌倉へ旅した人の見聞録などを中心に、鎌倉と観光について語っていただきます。「ブラタモリ」ファンなど地誌がお好きな方はこちらがおすすめです!

    鎌倉文学館 http://www.kamakurabungaku.com/

    vol.3【14:30~15:20】増谷文良さん(鎌倉市川喜多映画記念館キュレーター)

    川喜多映画記念館は、日本の国際的な映画配給の草分け的役割を果たした川喜多長政・かしこ夫妻の邸宅跡に作られました。増谷さんには、川端康成とサイレント映画、里見弴と小津安二郎のかかわりなど、鎌倉と文学と映画の知られざる関係についてお話しいただきます。

    鎌倉市川喜多映画記念館 http://www.kamakura-kawakita.org/

    vol.4【16:00~16:50】古川誠さん(「オズマガジン」編集長)

    古川さんは、鎌倉特集を人気トピックに盛り上げてきた立役者です。10年以上も精力的に鎌倉を取材してこられた、編集者の視点から見た「鎌倉」とは? 誌面づくりの裏話も楽しみです。

    オズマガジン http://www.ozmall.co.jp/ozmagazine/

    日時:
    2016年5月28日(土)

    会場:
    古民家スタジオ・イシワタリ(神奈川県鎌倉市長谷1-1-6)【MAP
    ※会場営業時間:11:00~16:50

    参加費:
    1,000円(前払い・入替制)
    ※参加対象は小学生以上。ただしVol.1のみ乳幼児可。

    申込方法:
    メール、電話、「books moblo(ブックスモブロ)」店頭にて受付中。

    メール bookcarnival777@gmail.com
    電話 0467-67-8444(ブックスモブロ・荘田まで)

    定員:
    各回とも30名

    主催:
    ブックカーニバル実行委員会

    お問い合わせ:
    0467-67-8444(ブックスモブロ)

    「ブックカーニバル in カマクラ 2016」公式HP:
    http://bookcarnival.jimdo.com/

    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下




  • GoogleAd:007



  • 関連記事

    ページの先頭に戻る