「読むパンク」最新5選!日本のハードコア・パンクが分かる本

2016年05月06日
楽しむ
仕入部 SxGxMxT
Pocket

国内ハードコア・パンクの音楽シーンは、メジャーな一部のバンドを除いてほとんどマスコミに取り上げられることがありません。そのため日本のハードコア・パンクに関する情報を得るには、詳しい友人を作るか、実際にライブハウスへ足を運ぶか、業界関係者やファンによって製作されたファンジン等に頼るくらいしか手段がなく、このことがいっそう敷居を高くしているのではないかと筆者は思っています。

ところが、ここ最近になって日本のハードコア・パンクシーンを伝える本が、ちらほら刊行されるようになりました。いずれも取材・執筆に対する気合いの入りようが尋常でなく、すでにファンの方が読んでも大満足するであろう「特濃」な情報が満載です。

ということで今回は、過去1年ほどの間に刊行された本から初心者にもやさしく、パンクスにも押さえておいていただきたい「読むパンク」を5冊ご紹介します。

 

『日本パンク・ロッカー列伝』(シンコーミュージック・エンタテイメント)

日本パンク・ロッカー列伝
発売日:2015年03月
発行所:シンコーミュージック・エンタテイメント
価格:2,160円(税込)
ISBNコード:9784401641284

『日本パンク・ロッカー列伝』は、パンク専門誌「Bollocks」で全11回にわたって連載された人気インタビュー記事「THE STORY OF LEGENDS」(「Bollocks」No.007~No.017で連載)を書籍化したもの。The Stalinの遠藤ミチロウさんや頭脳警察のPANTAさんなど、日本のロックシーンを作ったまさに「レジェンド」というべき面々が登場しています。書籍化にあたっては、LAUGHIN’NOSEのCHARMYさんや、ライブハウス「LOFT」創始者の平野悠さん、SMASH WESTの南部裕一さんの本書初公開インタビューも掲載。ロック・パンクを生き様にした男たちの証言を読むべし。

 

『別冊PECKINPAH』(オルタナパブリッシング発行、星雲社発売)

別冊PECKINPAH APRIL 2016
発売日:2016年04月
発行所:オルタナパブリッシング
価格:1,296円(税込)
ISBNコード:9784434218361

過去に「レミー・キルミスター」や「ドゥーム・ロック」といった濃すぎる特集を組んできたサブカルチャー誌「ペキンパー」の別冊。なんと一冊丸ごと日本のハードコア特集となっているから驚きです! ハードコア専門カメラマンの沢村ムラさん、ハードコアバンド・FORWARDのヴォーカル・ISHIYAさんらの精力的な取材によって、日本の現役ハードコアバンドやバンドマンたちの生々し過ぎる声が伝わってきます。裸にモヒカン+ベースがチャーミングな「RAWパンクおじさん」も登場! 売り切れる前に書店へ急ぎましょう。

 

『ロックドキュメンタリー映画祭』(MOBSPROOF編集部/出版ワークス発行、河出書房新社発売)

ロックドキュメンタリー映画祭
著者:MOBSPROOF編集部
発売日:2016年05月
発行所:出版ワークス
価格:1,620円(税込)
ISBNコード:9784309920825

『ロックドキュメンタリー映画祭』は、マニアからの信頼も厚いパンク専門誌「MOBSPROOF」編集部の責任編集によって実現した「一冊丸ごとロックドキュメンタリー映画」。これまた濃すぎる一冊です。

オールディーズから現在まで、国内外合わせて実に250作以上のドキュメンタリー映画が紹介されており、メタルやアイドルまで幅広くカバーしていながらも、筆者が読んだ限りではやはりパンク方面に最もリキが入っている印象を受けました。現役ミュージシャンや大手レコードショップ社員によるセレクトも掲載されるなど、まさに“お祭り騒ぎ”といえる楽しさいっぱいの一冊となっています。

 

『BRAHMAN To Be Continued…』(荒金良介、BRAHMAN/トランスワールドジャパン)

BRAHMAN To Be Continued…
著者:荒金良介 BRAHMAN
発売日:2016年03月
発行所:トランスワールドジャパン
価格:2,160円(税込)
ISBNコード:9784862561732

1995年に結成されて以来、メロディック・ハードコアに東洋的な民族音楽をミックスした独自のサウンドで人気を博しているロックバンド・BRAHMAN。メディア露出も少ないこの“生けるレジェンド”に密着取材し、「BRAHMANづくし」で語り切ったのがこちらの『BRAHMAN To Be Continued…』です。バンド結成から20年間の軌跡、メンバーや関係者へのインタビュー、コンプリート・ディスコグラフィからTシャツ等のグッズカタログなどなど、情報満載の永久保存版といえる一冊です。

 

『人生パンク道場』(町田康/KADOKAWA)

人生パンク道場
著者:町田康
発売日:2016年02月
発行所:KADOKAWA
価格:1,620円(税込)
ISBNコード:9784041038192

今でこそ小説家として知られる町田康さんですが、元はパンクバンド・INUのヴォーカリストとしてデビューしたパンク・ミュージシャン。作家デビュー前は町田町蔵名義で活動をしていました。1981年のアルバム『メシ喰うな!』は今なお日本のパンクの名盤として語り継がれています。

本書『人生パンク道場』は、読者から投稿されたさまざまな悩みに町田さんが回答するという人生相談エッセイ本。パンクと直接的な関係はありませんが、文章の端々に見られるアナーキーな言動からロックな匂いがプンプンしています。

***

いかがでしたか? 「まだライブを観に行くのはちょっと勇気が必要……」というあなたのための「読むパンク」。もし興味が湧いたら、ぜひ勇気を出して、ライブへも遊びに行ってみてくださいね。

Pocket

タグ
  • ほんのひきだし公式Instagram

    ほんのひきだし公式Instagram
  • 関連記事

    ページの先頭に戻る