大ヒット製品はこう造る!ヤッホーブルーイングのネーミング術 ―井手社長講演会レポート【前編】

2016年04月22日
楽しむ
夏目幸明、日販 ウキウキ研究所
Pocket

「よなよなエール」「水曜日のネコ」など、異色のクラフトビールを製造・販売しているヤッホーブルーイング。実は企業としてもかなり異色の存在で、「重要な場であるほど社長が仮装で登場する」「時には社外の人をも巻き込んで、お互いをニックネームで呼び合う」といったエピソードが、ファンの間では知られています。

そんなヤッホーブルーイングは、実際どんな“性格”の会社なのか? ヤッホーブルーイングの井手社長と、井手社長の著書『ぷしゅ よなよなエールがお世話になります』を口述筆記したジャーナリストの夏目幸明さんをお迎えして行われた、トークイベントの模様をお届けします。

ぷしゅよなよなエールがお世話になります
著者:井手直行
発売日:2016年04月
発行所:東洋経済新報社
価格:1,620円(税込)
ISBNコード:9784492502822

▼イベントの概要はこちら

よなよなエールを飲みながら聞ける!ヤッホーブルーイングが語る「おもしろい会社のつくりかた」

 

社長のスリッパを隠す会社!?

夏目:今日のトークイベントって、お酒はアリなんですよね!? とすると、最初にやることは……。

井手:乾杯しましょう(笑)。こんな格好ですが、意外と軽快に動けますよ! カンパーイ!!(お客さんがいるフロアめがけて乾杯しにいく)

よなよなエール仮装で乾杯

井手:というわけで、これ、座りにくいんで脱いでいいですか(笑)。

夏目:どうぞどうぞ(笑)。さっそく飲みながらで恐縮ですが、ヤッホーブルーイングって変な会社ですよね。例えば、仕事がはかどる朝の時間帯にわざわざ「無駄話しかしない朝礼」をしたり。

井手:ええ。朝礼では、仕事の話はほとんどしませんね。先日僕が朝礼で話したのは――トイレに行ったときのことです。

トイレから出ると、僕が普段履いていたスリッパがない。「あれ? スリッパ、履いてこなかったっけ?」と思って探すと、スリッパが勝手に動いている! やたら遠い、廊下の角を曲がったあたりにあるんです。

「誰か掃除でもして、スリッパを動かしちゃったのかな?」と仕事に戻ると、5分後くらいにスタッフが真っ青な顔でやってくる。聞けば、社員同士でスリッパを隠すイタズラをしていたらしく、「仲がいい社員のスリッパを隠したつもりでトイレの近くで待っていたら、なんと“てんちょ(井手氏のニックネーム)”が出てきたんです……」と。消え入りそうな声で一生懸命謝る姿がまた面白くて、この一部始終をを朝礼で話したら、かなりウケました。

……と、まあ、こんな話をしていますね。

1 2 3
Pocket

  • ほんのひきだし公式Instagram

    ほんのひきだし公式Instagram
  • 関連記事

    ページの先頭に戻る