2016年春アニメ「双星の陰陽師」 原作コミックはこれを読め!期待度ランキングベスト5【Part5】

2016年04月20日
楽しむ
日販 ほんのひきだし編集部 芝原
Pocket

2016年春アニメの期待度ランキングベスト5、第1回「僕のヒーローアカデミア」、第2回「坂本ですが?」、第3回「文豪ストレイドッグス」、第4回「田中くんはいつもけだるげ」に続き、第5回は「双星の陰陽師」をご紹介します。

【Part1】「僕のヒーローアカデミア」の記事を読む
【Part2】「坂本ですが?」の記事を読む
【Part3】「文豪ストレイドッグス」の記事を読む
【Part4】「田中くんはいつもけだるげ」の記事を読む

 

コミックス紹介

双星の陰陽師 1
著者:助野嘉昭
発売日:2014年02月
発行所:集英社
価格:473円(税込)
ISBNコード:9784088800158

『双星の陰陽師』は、集英社「ジャンプSQ.」で連載中のバトルアクション・ファンタジー漫画。著者は2012年にアニメ化もされた『貧乏神が!』の助野嘉昭さんで、『双星の陰陽師』の単行本は現在第8巻まで発売されています。

『双星の陰陽師』の主人公は、異世界から抜け出してくる化け物“ケガレ”を祓い清める最強の陰陽師を目指していたものの、ある事件をきっかけに陰陽師になることを拒んでいる男子中学生・焔魔堂(えんまどう)ろくろ。『双星の陰陽師』はそんなろくろが、全てのケガレを祓うことを理想とする少女・化野紅緒(あだしのべにお)に出会ったことで自分の弱さと向き合い、2人で強大なケガレに立ち向かうという王道の少年漫画です。

 

漫画『双星の陰陽師』の読者の特徴は?

sousei-winp

『双星の陰陽師』の読者層は、圧倒的に10~20代の男性が多いです(日販 WIN+調べ)。また『双星の陰陽師』の単行本を購入した方が他にどのような漫画を買っているのか調べてみると、『終わりのセラフ』(原作:鏡貴也、漫画:山本ヤマト、コンテ構成:降矢大輔/集英社)や『青の祓魔師』(加藤和恵/集英社)、『東京喰種』(石田スイ/集英社)といった、少し陰のあるバトルファンタジー漫画が目立ちます。

〉『双星の陰陽師』紹介ページ(試し読みできます)
http://www.s-manga.net/book/978-4-08-880015-8.html

 

アニメ紹介

TVアニメ「双星の陰陽師」のアニメーション制作は、「NARUTO-ナルト-疾風伝」や「東京喰種トーキョーグール」「おそ松さん」を制作したstudioぴえろが担当。監督は「ペルソナ4 ザ・ゴールデン」を手がけた田口智久さんが務めます。気になるキャストは、主人公・焔魔堂ろくろ役に花江夏樹さん、化野紅緒役に潘めぐみさん、そして紅緒の兄でろくろの幼なじみでもある石鏡悠斗役には村瀬歩さんと、豪華なメンバーが集まっております。

なおTVアニメ「双星の陰陽師」は2016年4月6日より、テレビ東京、テレビ大阪、テレビ愛知、テレビ北海道、テレビせとうち、TVQ九州放送ほかで放送されていますが、いわゆる深夜アニメではなく、毎週水曜夕方6時25分から放送される少年向けアニメとなっています。すでに第2話の地上波放送が終了しておりますが、期間限定で無料配信もされているので、まだ追いつけます! 見逃した方はぜひ、アニメ公式サイトのオンエア情報をチェックしてみてください。

〉TVアニメ「双星の陰陽師」公式ページ
http://www.sousei-anime.jp/?f=lower

*

『双星の陰陽師』の魅力は、禍々しいケガレが存在するダークな世界観と、そこで繰り広げられる迫力ある熱いバトルシーンにあります。一方の日常パートでは、犬猿の仲であるろくろと紅緒が夫婦として生活することになる……というラブコメ展開もたっぷり。可愛い女の子キャラクターも魅力の一つです。

内容としては「まさにジャンプ!」という感じの王道の少年漫画なのですが、まだブレイクというまでには至っておりませんでした。しかし先日「週刊少年ジャンプ」に出張掲載されたことをきっかけに大きく売上が跳ねており、アニメをきっかけにさらなる大ブレイクが期待されています。未読の方はぜひ、アニメだけでなく漫画『双星の陰陽師』も読んでみてください。

***

皆さん、『双星の陰陽師』に興味を持っていただけたでしょうか? これまで5作品をご紹介致してきましたが、まだまだ気になる作品がいくつかございますので、次回の記事で一気にまとめてご紹介したいと思います。お楽しみに!

【Part6】『ふらいんぐうぃっち』『くまみこ』『ばくおん!!』を読む ▶

Pocket

タグ
  • ほんのひきだし公式Instagram

    ほんのひきだし公式Instagram
  • 関連記事

    ページの先頭に戻る