• 小悪魔な高木さんに悶絶する男性続出!ニヤニヤが止まらない『からかい上手の高木さん』大重版決定!

    2016年04月08日
    楽しむ
    日販 販売企画部 なーちゃん
    Pocket

    悶絶ラブコメ『からかい上手の高木さん』がブレイク寸前!

    『とらドラ!』や『神のみぞ知るセカイ』など、これまで多くの男性を虜にしてきたラブコメディたち。そして今、新たな悶絶ラブコメディがブレイク寸前です!

    その名は『からかい上手の高木さん』(山本崇一朗/小学館)

    からかい上手の高木さん 1
    著者:山本崇一朗
    発売日:2014年06月
    発行所:小学館
    価格:596円(税込)
    ISBNコード:9784091250155

    照れたら負けの全力青春バトル!
    いっつもオレをからかってくる隣の席の高木さん。
    だけど見ていろ、今日こそは必ず高木さんをからかって 恥ずかしがらせてやる!!

    小学館コミック『からかい上手の高木さん(1)』より)

    『からかい上手の高木さん』は小学館「ゲッサン」の付録冊子「ゲッサンmini」で連載中の作品です。メインキャラクターは単純思考の西片くんと、中学生にしては大人びた小悪魔的な高木さん。隣の席の西片くんをからかい掌で転がす高木さんとのやりとりが描かれています。

     

    多くの男性を虜にする“高木さん”とは?

    そんな高木さんの特徴はこちら。

    ・隣の席の西片くんをからかうのが趣味。
    ・多ければ1日に10回以上、西片くんをからかう(休日もたまに)。
    ・西片くんが風邪のときには、からかうのを自重する(ただし必死に我慢しているのが読者にはバレバレ)。

    どこまで本気か分からない。もしかしたら全部嘘かもしれないと不安になる、そんな“掌でオトコを転がす”小悪魔なところが高木さんの魅力。ヒロインの小悪魔度でいえば、ここ最近の作品でも群を抜いています。

    やり方も決して一辺倒でなく、「間接キスだね」「エッチ」など言葉で惑わしてくるときもあれば、「ふーん」「へー」と西片くんを見つめ、表情で訴えてくることも……。でもそんな意地悪の中にも、乙女心が絶妙に顔を覗かせているのです。ここで『からかい上手の高木さん』ブレイクのきっかけになった、あるストーリーを見てみましょう。

     

    『からかい上手の高木さん』人気に火をつけた「バレンタインデー」ネタ

    『からかい上手の高木さん』の人気に火がついたきっかけは、著者・山本崇一朗さん(@udon0531)がTwitterに投稿した、バレンタインデーがテーマのショートストーリーです。

    まず2015年に公開されたのがこちら。

    takagisan-1

    takagisan-2

    いつものように西片くんをからかいながら、義理チョコを渡した高木さん。それで終わりと思いきや、西片くんの靴箱に本命としか思えない立派なチョコを入れています。果たして、西片くんは気づくのでしょうか……?

    それから1年。今年のバレンタインデーに、お話の続きが公開されました。

    takagisan-3

    靴箱のチョコを見つけた西片くん。予期せぬ出来事に困惑していると、高木さんが登場します。

    1 2
    タグ
    Pocket






  • 関連記事

    ページの先頭に戻る