• TVアニメ「文豪ストレイドッグス」原作者・朝霧カフカ&春河35が語るキャラクター誕生秘話

    2016年04月06日
    楽しむ
    日販 「新刊展望」編集部
    Pocket

    〈キャラクター化された文豪たちが異能を用いて闘う、大人気アクションコミック「文豪ストレイドッグス」がアニメ化! いよいよ4月6日、放送開始です。これを記念して、朝霧カフカさん&春河35さんへのインタビュー(2014年3月「新刊展望」収録)を再掲載します。〉

    文豪ストレイドッグス 01
    著者:朝霧カフカ 春河35
    発売日:2013年04月
    発行所:角川書店
    価格:605円(税込)
    ISBNコード:9784041206737

    〉TVアニメ「文豪ストレイドッグス」公式サイト
    http://bungo-stray-dogs.jp/

    〈PROFILE〉
    朝霧カフカ(あさぎり・かふか)
    シナリオライター。『文豪ストレイドッグス』『汐ノ宮綾音は間違えない。』『水瀬陽夢と本当はこわいクトゥルフ神話』(いずれも角川コミックス・エース)の原作を手がける。その他著書に、『文豪ストレイドッグス』のスピンオフ小説『文豪ストレイドッグス 太宰治の入社試験』『文豪ストレイドッグス 太宰治と黒の時代』『文豪ストレイドッグス 探偵社設立秘話』(いずれも角川ビーンズ文庫)、最新刊『文豪ストレイドッグス外伝 綾辻行人VS.京極夏彦』(KADOKAWA)がある。

    春河35(はるかわ・さんご)
    「ヤングエース」2013年1月号でスタートした『文豪ストレイドッグス』の作画担当として漫画家デビュー。『ソラの星』(岩関昂道/KADOKAWA)挿画など、イラストレーターとしても活躍。

     

    これも文豪へのリスペクト

    ― 太宰治、国木田独歩、中島敦たち〈武装探偵社〉の社員が各々の異能力を駆使し、マフィアの芥川龍之介、中原中也、樋口一葉らと苛烈なバトルを繰り広げる……。「文豪ストレイドッグス」は、設定のアイディアと、文豪からキャラクタライズされた登場人物たちがすごく魅力的です。キャラクターはどんなふうに生まれるんですか?

    朝霧:まずは作家1人1人について本などでよく調べた上で、その人物のある面に着目して、「この性格がそのまま街を歩き出したら……」と考えます。たとえば、太宰治というキャラクターはもちろん本人そのままではなく(笑)、自殺未遂を何度もしたという事柄だけを拡大して、自殺マニアの青年というキャラクターを作りました。マンガ的におもしろくなることが大前提。文豪の方々へのリスペクトだと思って大胆に改造しています。人間にはいろいろな側面があるわけで、ある一方から光を当てたときの影の形からキャラクターを作る。そんな感じです。

    bungou-03

    春河:私は、朝霧さんからメールで送られてくる3~4行のキャラクター設定を元にして、絵を描きます。

    朝霧:その時点ではまだ明確に決まっていないことが多いんです。たとえば「泉鏡花:豆腐が好きな女の子」と送ると、春河さんが絵にしてくれる。僕はむしろ、春河さんの絵からイメージをもらうことが多いです。

    春河:キャラクターデザインは設定重視、マンガ映え重視です。本人に似せて描くと、ボツになることが多いので。たとえば中原中也さんは、ご本人の写真に似せてかわいらしい感じで描いたら「マフィアの貫禄が全然ないからダメ」。10パターンくらい描いてやっとOKが出ました。

    ― モデルの文豪たちの作品には、これまで親しんできましたか?

    春河:私は今、勉強しながら描かせていただいてます。

    朝霧:僕は特に海外の作家が好きで、フィッツジェラルド、サリンジャー、レイモンド・チャンドラーなどをよく読んできました。だから、作中にアメリカ文豪が出てくるとワクワク(笑)。日本の作家では太宰治など読んだことのある作品もこの機会に読み直して、「こんな人だったんだ」みたいに感じたことがたくさんありました。中島敦は未読作品がたくさんあって、読んでみたらすごくおもしろかった。

    ― その中島敦が主人公。個性の強い文豪が多くいる中、ちょっと意外です。

    朝霧:主人公を濃いキャラにするか、比較的スタンダードな人物を主役にして濃い面々をまわりに配置するか、設定の段階で迷ったんです。結局、「変な人たちに翻弄されて困惑する主人公」という構図にしました。それで中島敦。でも、実は中島敦って教科書に登場することが多い作家なんですよね。中高生の読者から、「中島敦、先週の授業で習いました!」という反響もあって、良かったです。

    1 2
    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下




  • GoogleAd:007



  • 関連記事

    ページの先頭に戻る