• 性教育絵本『おかあさんとみる性の絵本』が20年以上読み続けられている理由

    2016年03月26日
    楽しむ
    日販 商品情報センター 馬場進矢
    Pocket

    私たち一般の読者にとって、本を買うときには書店ヘ行くのが一般的です(ネット書店を含む)。しかし本を売るときには、出版流通に乗せて書店で売る「店頭売り」のほかに、企業や団体に直接アプローチする「外商売り」という売り方もあります。

    児童書の専門出版社においては「外商売り」が売上の大部分を占めていることも多く、中でも学校図書館向けの本は柱の一つとなっています。今回紹介する作品は、この「学校図書館向け」の中でもバラエティに富んでいる「性教育もの」のロングセラー『おかあさんとみる性の絵本』です。

    おかあさんとみる性の本(全3巻セット)
    発売日: 年 月
    発行所:童心社
    価格:4,212円(税込)
    ISBNコード:9784494040131

    監修の山本直英先生は、この『おかあさんとみる性の絵本』以外にも性教育に関する児童向けの本を多数手掛けている、性教育の第一人者です。絵は「ぼくは王さま」シリーズ(理論社)の和歌山静子さん。性教育ものの絵本は多数ありますが、この作品のユニークさは各巻の和歌山静子さんのスタンスにあるように思います。それというのもこの3巻、奥付の著者表記がそれぞれ違うのです。

    ぼくのはなし
    著者:和歌山静子
    発売日:1992年10月
    発行所:童心社
    価格:1,404円(税込)
    ISBNコード:9784494001514

    ①『ぼくのはなし』の奥付は「和歌山静子さく(単独)」、

    わたしのはなし
    著者:山本直英 和歌山静子
    発売日:1992年10月
    発行所:童心社
    価格:1,404円(税込)
    ISBNコード:9784494001521

    ②『わたしのはなし』では「山本直英・和歌山静子さく(共著)」、

    ふたりのはなし
    著者:山本直英 和歌山静子
    発売日:1992年10月
    発行所:童心社
    価格:1,404円(税込)
    ISBNコード:9784494001538

    ③『ふたりのはなし』は「山本直英さく・和歌山静子え」となっています。

    なぜ奥付を変えているのか? 私も最初は不思議に思ったのですが、実際に読んでみますと ①『ぼくのはなし』は和歌山さんによるストーリー性が非常に強く、③『ふたりのはなし』は神話の要素を導入するなど山本先生の色が濃くなっています。そして②『わたしのはなし』では、性教育的な側面と女の子の心情がバランスよく混ざっていて、和歌山さんと山本先生がお二人で内容・表現を調整されたことが伺えます。なるほど、「よくできた編集だ」と感心しました。

    そして内容面でのインパクトが強いのが、①『ぼくのはなし』です。

    主人公は「海(かい)」という男の子。話は自分の生い立ちからはじまり、両親がどのように愛し合ったかを描く場面が挟まれ、終盤で父親が亡くなった今、「ぼくはぼくとしてうまれたことがいちばんうれしい」と自覚して終わります。

    seinoehon-01

    初めて読んだとき、この展開には驚かされました。

    ①『ぼくのはなし』の全16場面のうち、性教育的な解説を行う場面は9つ、残りの7場面は主人公の物語に費やす構成となっており、物語性を強くしようという和歌山さんの意図が伺えます。続く②『わたしのはなし』もその方向性を受け継ぎ、その結果『おかあさんとみる性の絵本』は、セットものの学習絵本には珍しく“作家性”を強く帯びた作品に仕上がっています。

    そもそも「学校図書館向け」絵本は学習指導要領の改定などの影響を受けるため、他のジャンルの本に比べて寿命が長いものがあまりありません。その中で20年以上生き続けている本作は、この“作家性”によるものが大きいように思います。

    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下




  • GoogleAd:007



  • 関連記事

    ページの先頭に戻る