INDEPENDENT棚

想像力を刺激する!「Carlova360 NAGOYA」の選書と棚の概念とは?

2015年10月22日
本屋を歩く
ほんのひきだし記者 藤原
Pocket

「“生活クリエイター”のための書店」をコンセプトに立ち上がったリブロの新ブランド「Carlova360(カルロバ)」の1号店「Carlova360 NAGOYA」。前回は、カフェからお店のコンセプトをご紹介しました。今回お見せするのは「棚」。Carlova360では、どんな本がセレクトされているのでしょうか。

〉前回の記事を読む

 

NEWS,CREATE,COMFORT… 想像力を刺激する10のジャンル

コンセプトショップである「Carlova360 NAGOYA」では、置いてある本のジャンルが通常の分類とは異なります。例えば「COMFORT」にはファッションやフード、「CARE」ならボディケアやアスレチック……という風に大きく10のジャンルに分けられており、それぞれに概念が存在します。本だけでなく雑貨も含めて分類されているのが特徴です。

〉各ジャンルの詳細はこちら

お話を伺ったのは、河島マネージャー(前回の記事に登場)とともにCarlova360の立ち上げに携わったリブロ商品部の伊藤晃MD。お気に入りは、「自由で創造的な人生を主体的に切り拓く」を念頭にワークライフ周辺の本を集めた「INDEPENDENT」のコーナーだそうです。

INDEPENDENT棚

「Carlova360のコンセプトである“生活クリエイター”について考えたとき、具体例としてイメージした人物の一人が『スティーブ・ジョブズ』でした。彼が自身の人生を語ったスタンフォード大学での講演が好きで、よく映像を見返しているのですが、そこで触れられていたモチーフが散りばめられています。ワークスタイルやハッカー文化に連ねて禅やヒッピーの解説書が置いてあるのも、そのためです。このコーナーは店を作っていく中で最初に固まった部分なので、思い入れもあります」

英文徹底解読スティーブ・ジョブズのスタンフォード大学卒業式講演
著者:畠山雄二
発売日:2015年07月
発行所:ベレ出版
価格:1,512円(税込)
ISBNコード:9784860644437

自身の仕事に関するプレゼンの時以上にことばを選び、また、ことばの力だけで自分自身を全力でプレゼンしたことがジョブズには過去一度だけあります。それが今や伝説とまで言われているスタンフォード大学の卒業式でのスピーチです。あまりにも有名なスピーチですが、ジョブズの背景と英文法の知識を駆使してきちんと読み解くことによって、わかったつもりで誤解していたことや、そこに込められたメッセージをちゃんと受け取れていなかったことに気づかされます。
理論言語学の専門家であり、ジョブズ信者でもある著者が完全解釈し、徹底解剖して、「伝説のスピーチ」を深く深く掘りさげていきます。

ほとんどの書店にある「文芸」のコーナーも、Carlova360ではひと味違います。文芸書が置かれているのは、「CREATE」の棚。よく見かける「作家名50音順」「出版社別」ではなく、作家のデビュー年順に陳列されています。詳しい方なら当時の文壇の雰囲気やトレンドの変遷を思い返すでしょうし、そうでない方も自分の好きな作家がどんな時代の雰囲気を受けて作品を綴ったのか、想像力が膨らみます。

文芸

 

“一人称での選書” で予想外の本にも出会える

なお今回新ブランドを立ち上げるにあたっては、コンセプトからブレないよう「一人称で選書する」ことを貫いたとのこと。それは、フェアの棚も例外ではありません。

ミニマリストフェア

情報過多の世の中で、できるだけ持ち物を減らした豊かな暮らしを提案する「ミニマリストフェア」。このフェアも全て伊藤MDによる選書です。ベストセラーも選ばれていますが、意外にも最も売れているのは『徒然草』なのだそう。

「吉田兼好は日本最古のミニマリストなのではないかと思って選びました。ランキングに基づいた選書は行っていません。お客様に予想外の本との出会いを提供できれば嬉しいです」

現代語訳徒然草
著者:吉田兼好 佐藤春夫
発売日:2004年04月
発行所:河出書房新社
価格:734円(税込)
ISBNコード:9784309407128

 

最後に、伊藤MDが「Carlova360」のコンセプトにヒントを与えた本を紹介してくださいました。

ヒップな生活革命
著者:佐久間裕美子
発売日:2014年07月
発行所:朝日出版社
価格:1,015円(税込)
ISBNコード:9784255007861

アメリカ人の意識が、大きく変わり始めた。
抜群においしくなったコーヒー、「買うな」とうたう企業広告、地元生産を貫くブランド、再燃するレコード熱……。サブプライム金融危機を受け、新たなる「ヒップスター」たちが衣食住の各所で変革の波となり、大企業主導の社会の中で独立した場所を広げている。
ニューヨークに住みアメリカ文化を追い続けてきたライターが、現地で進化する「生き方の革命」をレポートする。

流されることなく、信頼できるもので自分の生活を作っていく。そういう人たちが、実は増えてきているのではないでしょうか?それが「生活クリエイター」であり、Carlova360 NAGOYAが考えているお客様なのだそうです。

伊藤MD

ご紹介が遅れましたが、こちらが伊藤MDです。ブックカバーのコーナーで撮影させていただきました。

Carlova360 NAGOYAではブックカバーも「DIY」。用意してあるスタンプを使ってオリジナルブックカバーが作れます。オープン時には江連判子店デザインのスタンプがありました。スタンプはどんどん追加されていきますので、要チェックです。

***

生活クリエイターのための書店「Carlova360 NAGOYA」。名古屋にお越しの際は、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。

Pocket

  • ほんのひきだし公式Instagram

    ほんのひきだし公式Instagram
  • 関連記事

    ページの先頭に戻る