• 『世界を救うパンの缶詰』刊行記念 パン・アキモト社長、秋元義彦トークショー開催【1/12・代官山】

    2017年12月28日
    本屋を歩く
    ほるぷ出版 大久保
    Pocket

    『世界を救うパンの缶詰』の刊行を記念し、「パン缶」の生みの親であるパン・アキモトの社長・秋元義彦さんによるトークショーが、1月12日(金)に代官山 蔦屋書店にて開催されます。

    『世界を救うパンの缶詰』は、1995年の阪神淡路大震災の被災者の声から生まれた備蓄食、「パンの缶詰」の誕生秘話を紹介する児童書です。

    防腐剤無添加で、3年間おいしさをそのまま保存でき、子どもからお年寄りまで食べられる「パンの缶詰」。その「パンの缶詰」を製造・販売するパン・アキモトは、栃木県那須市にお店を構える、地元に愛されるパン屋さんです。

    トークショーでは、「パンの缶詰」の開発秘話や、社会貢献とビジネスの両立、いま子どもたちに伝えたいことなど、世界を舞台に活躍する秋元さんの情熱や志について語られる予定です。

    なおトーク終了後には、サイン会も実施されます(※サインは、代官山 蔦屋書店にて購入の対象書籍のみとなります)。

    世界を救うパンの缶詰
    著者:菅聖子 やましたこうへい
    発売日:2017年10月
    発行所:ほるぷ出版
    価格:1,512円(税込)
    ISBNコード:9784593535231

    秋元義彦 プロフィール
    株式会社パン・アキモト代表取締役。1953年栃木県生まれ。1976年法政大学経営学部卒業。東京・杉並区のパン店で2年間の修行の後、同社の前身である秋元ベーカリーに入社。1996年「パンの缶詰」の発売開始。2000年から現職。東京新聞宇都宮支部所属の嘱託記者として地方の話題についても取材・執筆を行っているほか、NBC(関東ニュービジネス協議会)や、地元の観光協会、食品衛生協会にて積極的に活動。趣味は、時間が空くとふらっと出かけられる地元の温泉めぐり。

     

    イベント詳細

    日時:
    2018年1月12日(金)19:00~

    会場:
    代官山 蔦谷書店 1号館2F イベントスペース(東京都渋谷区猿楽町17-5)【MAP
    ※営業時間 7:00~26:00(1F)/9:00~26:00(2F)

    参加費:
    1,000円(税込)

    参加方法:
    下記のいずれかの方法にてお申し込みください。
    ①代官山 蔦屋書店店頭にて予約(1号館2F キッズフロア)
    ②電話予約(03-3770-2525)
    代官山 蔦屋書店オンラインストア

    定員:
    70名

    主催:
    代官山 蔦屋書店

    お問い合わせ先:
    03-3770-2525(代官山 蔦屋書店)

    詳しくはこちら



    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下




  • GoogleAd:007



  • ページの先頭に戻る