• おいしそうなしろくま

    第8回リブロ絵本大賞を受賞したのは、思わずお腹がすく“おいしそう”な絵本!児童書担当者が選んだ今年のおすすめ絵本10冊

    2017年09月30日
    本屋を歩く
    ほんのひきだし編集部
    Pocket

    毎年刊行されるたくさんの絵本の中からリブロ・よむよむ・パルコブックセンター各店の児童書担当者が「広く紹介したい」「強くおすすめしたい」と思う作品を選ぶ「リブロ絵本大賞」。

    第8回目となる今回は、柴田ケイコさんの『おいしそうなしろくま』が大賞を受賞し、そのほか9作品が入賞しました。

    大賞・入賞作は9月30日(土)より、全国のリブロ・よむよむ・パルコブックセンター各店で一斉展開されます。

     

    大賞受賞作は柴田ケイコさん『おいしそうなしろくま』

    おいしそうなしろくま
    著者:柴田ケイコ
    発売日:2017年01月
    発行所:PHP研究所
    価格:1,404円(税込)
    ISBNコード:9784569786094

    『おいしそうなしろくま』の主人公は、たべることが大好きなくいしんぼうのしろくま。「たべもののなかに入ったみたらどんなかんじかな?」と想像してみることにしたしろくまは、“みそしる”の中に浸かったり、スパゲッティに撒かれてみたり。そのユーモラスな姿とくいしんぼうならではのたべもののお話に、読んでいるだけでお腹がすいてくる、食欲の秋にぴったりの楽しい絵本です。

    今年の8月には、シリーズの第2弾『あま〜いしろくま』が発売されています。

    大賞の受賞記念として、リブロららぽーと富士見店とパルコブックセンター調布店にて、柴田ケイコさんを招いてのイベントが行なわれます。

    ・11月3日(金・祝)14:00~ リブロららぽーと富士見店
    ・11月4日(土)13:00~ パルコブックセンター調布店

     

    入賞作9作品はこちら

    今回のリブロ絵本大賞は、2016年8月から2017年7月までに刊行された絵本を対象に、児童書担当者の推薦で10作品を候補作として選出。下記の9作品が入賞作となりました。

    入賞作
    『つまんないつまんない』(ヨシタケシンスケ/白泉社)
    『いっさいはん』minchi(岩崎書店)
    『たまらんちゃん』つぼいじゅり(金の星社)
    『ちかてつライオンせん』サトウマサノリ(パイインターナショナル)
    『よるのおと』たむらしげる(偕成社)
    『まめまめくん』デヴィッド・カリ セバスチャン・ムーラン(あすなろ書房)
    『詩ってなあに?』ミーシャ アーチャー(BL出版)
    『わすれもの』豊福まきこ(BL出版)
    『とりかえっことりかえっこ』ふくだじゅんこ(大日本図書)
    第8回リブロ絵本大賞

    〉第8回リブロ絵本大賞 特設ページはこちらhttp://www.libro.jp/special/2017LPPB8.php.php

     

    あわせて読みたい

    第7回リブロ絵本大賞が決定!児童書担当者が選んだ今年一番おすすめの絵本は?




    タグ
    Pocket

  • kumon10/12~10/26 SP記事下

    『40周年限定版 くもんのはじめてのおけいこ』
  • GoogleAd:007



  • 関連記事

    ページの先頭に戻る