• 名古屋を舞台に悲喜こもごものドラマを描く 吉川トリコ『ずっと名古屋』刊行記念トーク&サイン会開催【8/13・名古屋】

    2017年07月31日
    本屋を歩く
    ジュンク堂書店ロフト名古屋店 石本
    Pocket

    吉川トリコさんの『ずっと名古屋』(『名古屋16話』を文庫化にあたり改題)が、8月4日(金)にポプラ文庫より発売されます。

    その刊行を記念して、吉川トリコさんのトークイベントが、8月13日(日)に行われます。当日は、『ずっと名古屋』(または『名古屋16話』)を事前に読んでおくと、より楽しめる内容となる予定です。

    また、トークイベント終了後にはサイン会も開催されます。サインの対象は吉川トリコさんの著書となっていますので、持参、もしくは当日会場にて購入ください。

    ずっと名古屋
    著者:吉川トリコ
    発売日:2017年08月
    発行所:ポプラ社
    価格:778円(税込)
    ISBNコード:9784591155684

    ドラゴンズもSKE48も名古屋めしもあるのに、行きたくない街No.1!? ナゴヤドームで再会する父と娘、SKE48に憧れてストリートで踊る少女、運転免許試験場でサンタクロースと出会った女性、実直な書店員の一日――名古屋にある16の区を舞台に悲喜こもごものドラマを描く「名古屋16話」、東海・中部の都市が舞台の「8の旅」を収録。“素顔の名古屋”が見えてくる珠玉のショートストーリー集。

    ポプラ社公式サイト『ずっと名古屋』より〉

     

    イベント概要

    日時:
    2017年8月13日(日)15:30~17:00

    会場:
    ジュンク堂書店ロフト名古屋店 7Fブックサロン(愛知県名古屋市中区栄3-18-1 ロフト名古屋7F)【MAP
    ※営業時間 10:30~20:00

    参加条件:
    参加無料
    ※サインの対象は吉川トリコさんの著書となっていますので、ご持参、もしくは当日会場にてご購入ください。

    申込方法:
    下記のいずれかの方法でお申し込みください。
    ①ジュンク堂書店ロフト名古屋店B1Fレジカウンターにて予約
    ②電話予約(052-249-5592/10:30~20:00)

    定員:
    30名

    イベント詳細・注意事項はこちら
    https://honto.jp/store/news/detail_041000022565.html?shgcd=HB300

    お問い合わせ:
    052-249-5592(ジュンク堂書店ロフト名古屋店)

    吉川トリコ(よしかわ・とりこ)
    1977年静岡県浜松市生まれ。以後、愛知県に移住。2004年「ねむりひめ」で第3回「女による女のためのR-18文学賞」大賞・読者賞をダブル受賞。受賞作を含む『しゃぼん』でデビュー。好きな名古屋名物は台湾ラーメン。好きな名古屋弁は「でらわやだが」。好きな名古屋の公園は平和公園。好きな名古屋の通りは名古屋高速の「白川」から「四谷」にかけて。名古屋を舞台にした小説に『グッモーエビアン!』『ぶらりぶらこの恋』『ミドリのミ』などがある。




    あわせて読みたい

    名古屋人必読!珠玉のショートストーリー集『名古屋16話』 吉川トリコさんの仕事場訪問

    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下




  • GoogleAd:007



  • 関連記事

    ページの先頭に戻る