• 「LIBRO」のブックアートが目印!横浜駅東口直結地下街「ポルタ」にリブロ新店舗がオープン

    2017年06月15日
    本屋を歩く
    ほんのひきだし編集部 浅野
    Pocket

    6月15日(木)、横浜駅東口直結の地下街「横浜ポルタ」に、リブロ横浜ポルタ店がオープンしました。

    場所は、かつて丸善があった場所。4月にスターバックスがオープンしており、リブロ横浜ポルタ店はその隣に店を構えます。

     

    繊細! ページを折って作る“本のアート”に思わず魅入る

    リブロ横浜ポルタ店は、入口にある大きなショーウィンドウが目印。「OruFun(オルフォン)」によるブックフォールディング作品をメインに、YOURS BOOK STORE(※)がトータルデザインを手がけています。

    ※プランニング、プロデュース、商物流・システム整備、選書、イベント開催などを展開する、日本出版販売の新ブランド。

    ブックフォールディングは、ページを折ったり切ったりして、一冊の本から立体的な文字や模様を浮かび上がらせる“本を使ったアート作品”。アーティストの山口友都さんが考案した制作技法「OruFun」では、一度役目を終えた古本を使用し、刃物を一切使わず、ページを折るだけで作品を仕上げます。

    同店では「LIBRO」の店名ロゴのほか、「Coffee Cup」「Read」「Dream」「Musical Note」といった作品を色とりどりの本とともに展示。後ろにあるディスプレイでは制作過程の動画などが放映され、通行する人たちの目をひきます。

    ちなみに山口さんは、2013年にブックフォールディングを知り、幼少期から折り紙に興味があったことから独学で製作開始。作品のデザインから製図、設計、作品の制作を全て一人で行っているのだといいます。

    ▼複雑ながら繊細で正確な作品の数々。これがすべて“折る”だけでできているというのだから驚きです。

    なおOruFunによる作品は、リブロ横浜ポルタ店でも販売されています。気になった方はお店のスタッフに声をかけてみてくださいね。

     

    一面マスキングテープ! 「mt」ポップアップショップも

    ショーウィンドウの隣には、マスキングテープ「mt」のポップアップショップが期間限定で登場。おなじみのサイズのマスキングテープが豊富に揃っているほか、壁・床に使えるかなり幅広のもの、窓用マスキングテープ(いずれもmt CASAシリーズ)まであります!

    ポップアップショップの壁や、窓もすべてmtのマスキングテープで装飾したもの。これだけの種類がお店に揃うことは珍しいので、ぜひこの機会に実物を手に取ってみてください。

     

    和書と文具を扱う

    売場面積55坪のお店に並ぶのは、“旬”にこだわった本と文具。オープン初日の6月15日(木)からは、2か月限定で文具ソムリエール・菅未里さんとのコラボレーション企画が実施されます。

    「マツコの知らない世界」などに出演し、個性的なキャラクターとともに数々の文房具を紹介して反響を呼んだ菅さん。今回は著書『毎日が楽しくなる きらめき文房具』(KADOKAWA)から厳選した、「モテ文具」「見栄文具」「自己満足文具」などが展開されます。

     

    店舗情報

    リブロ横浜ポルタ店(Tel.045-444-5277)

    〒220-0011 神奈川県横浜市西区高島2-16 地下1F
    ※営業時間 10:00~21:00

    https://www.libro.jp/shop/kanagawa/yokohama-porta.php


    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下




  • GoogleAd:007



  • 関連記事

    ページの先頭に戻る