• あの「共病文庫」も登場!?『君の膵臓をたべたい』の世界を五感で楽しむ11日間

    2017年04月27日
    本屋を歩く
    ほんのひきだし編集部 浅野
    Pocket

    「キミスイ」の世界を五感で楽しむ!

    住野よるさんのデビュー作となった青春小説『君の膵臓をたべたい』。

    強烈なタイトルと、心が洗われるような感動をもたらすストーリー展開が魅力の本作は、単行本刊行から約2年経った今も若い世代を中心に読者を増やしており、7月28日(金)には実写映画の公開が決定しました。

    そんななか、4月27日(木)には『君の膵臓をたべたい』の文庫版が発売。これを記念して、作品の世界を“五感”で味わえる特設コーナーが東京・荻窪に登場します。

    君の膵臓をたべたい
    著者:住野よる
    発売日:2017年04月
    発行所:双葉社
    価格:720円(税込)
    ISBNコード:9784575519945

     

    通りかかると“桜の香り”やそよ風が……

    『君の膵臓をたべたい』というタイトルを聞いて、満開の桜が描かれた表紙イラストを思い浮かべる方は多いのではないでしょうか?

    ちなみにあの景色は、福井県福井市にある桜の名所、足羽川(あすわがわ)桜並木をモデルに描かれたのだそう。

    今回のフェア特設コーナーでは、前を通りかかると桜の香りとそよ風が発生し、オリジナル映像が上映。“僕”と桜良のいるあのシーンへといざないます。

     

    住野よるさんからのメッセージも

    また、“僕”と桜良が出会うきっかけとなった「共病文庫」をイメージしたメッセージノートが登場。

    1ページ目には作者・住野よるさんからのメッセージが記されており、訪れた人はそれに続けて、自由にコメントを書くことができます。

    ▼記入すると、その時しか体験できない隠しコンテンツも!

    なお皆さんが書き込んだメッセージは、読者からの声として、フェア終了後に住野さん本人へプレゼントされる予定です。

    特別なことがあった日、特別なことを感じた日に桜良が書き記した「共病文庫」。あなたもぜひ、この日に感じた“特別”なことを書き込んでみてください。

     

    他にも「loundrawパネル展」など見どころ満載

    今回のフェアでは、人気イラストレーター・loundrawさんのパネル展示も行われます。

    loundrawさんは『君の膵臓をたべたい』『また、同じ夢を見ていた』『よるのばけもの』のイラストを担当。また『虹を待つ彼女』や『記憶屋』『お友達ロボチョコ』といった小説のイラスト・挿絵や、「三月のパンタシア」CDジャケットなども手掛けています。

    透明感・空気感あるloundrawさんのイラストを、ぜひ間近で味わってみてください。店頭では画集『Hello,light.』の販売も行なわれます。

    Hello,light.
    著者:loundraw
    発売日:2016年12月
    発行所:双葉社
    価格:2,160円(税込)
    ISBNコード:9784575312089

    また、フェア期間中に『君の膵臓をたべたい』文庫版を購入すると、先着30名で『君の膵臓をたべたい』『また、同じ夢を見ていた』『よるのばけもの』のイラスト缶バッジがもらえます(※ランダム1種)。




     

    概要

    期間:
    2017年4月27日(木)~5月7日(日)

    場所:
    文禄堂荻窪店内 BOOK ROUTE(東京都杉並区荻窪5−30−6 福村産業ビル1F)
    ※営業時間 9:00~25:00(日・祝のみ10:00~24:00)

    http://bunrokudo.jp/

     

    おすすめ関連記事

    「キミスイ」「また夢」の住野よるさんってどんな人?本人に直接聞いてみた〈単独インタビュー〉
    本屋大賞第2位の大ヒット小説『君の膵臓をたべたい』映画化決定!
    住野よるインタビュー『よるのばけもの』と読書について思うこと ―特集:本と、ともに①

    「書店体験を変えるIoTプロダクト」実証実験開始!荻窪・高円寺・吉祥寺にて

    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下




  • GoogleAd:007



  • 関連記事

    ページの先頭に戻る