リブロ池袋本店レポート⑥ 谷川俊太郎さんが〈ぽえむ・ぱろうる〉復活記念でイベント

2015年07月03日
本屋を歩く
ほんのひきだし編集部 浅野
Pocket

6月30日(日)、リブロ池袋本店に期間限定で復活した〈ぽえむ・ぱろうる〉で、詩人・谷川俊太郎さんによるゲリラ朗読とサイン会が行われました。

今回のイベントは、谷川俊太郎さんの最新詩集『あたしとあなた』(ナナロク社)『詩に就いて』(思潮社)購入者先着100名に谷川俊太郎さんがサインをするというものです。ただし、サイン会は「午後4時より開始」と予告されていました。

 

ゲリラ朗読では他の詩人の作品も朗読

予定より1時間早い午後3時頃、〈ぽえむ・ぱろうる〉に姿を現した谷川俊太郎さん。会場内を眺めて回りながら「どれを読もうかな」とひとつひとつ本を手に取り、数篇選んで朗読を始めました。

はじめは、『ロンメル進軍-リチャード・ブローディガン詩集』(思潮社)から。高橋源一郎さんの翻訳です。

「VOU」「凶区」「詩とコント」や、黒田三郎『小さなユリと』、高階杞一『早く家へ帰りたい』(夏葉社)からも。詩だけでなく、感想を言ったりあとがきを読んだり交流のあった方のエピソードを紹介したりしながら、「今は日常的なものにばかりお金を使うことが多いだろうけど、こういうものにお金を使うという“無駄遣い”もしてほしいなあ」「この詩集はおすすめ。君、買わない?」など、来場者にも語り掛けていらっしゃいました。

最後は『あたしとあなた』『詩に就いて』からいくつかを朗読。詩の本に囲まれた空間で詩を書いた方に詩を読んでいただくという贅沢な時間を、皆じっと黙り込んで味わっていました。

あたしとあなた
著者:谷川俊太郎
発売日:2015年07月
発行所:ナナロク社
価格:2,160円(税込)
ISBNコード:9784904292594

詩に就いて
著者:谷川俊太郎
発売日:2015年04月
発行所:思潮社
価格:1,620円(税込)
ISBNコード:9784783734673

予定より少し早く始まったサイン会でも、谷川さんは一人ひとりと言葉を交わしながらサインをしていらっしゃいました。

IMG_8689_01

実はこの日、午後1時に児童書売場「わむぱむ」でも絵本『うんこ』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)の発売記念イベントとして塚本やすしさんと共にサイン会をされていたので、親子揃って来場されている方も何組か見受けられました。

 

「私のぱろうる 私の一冊」にもコメント

IMG_8688_01

ひと月限りの〈ぽえむ・ぱろうる〉では、谷川さんの著書のほか自筆の原稿なども展示していますが、向かって右奥の柱の「私のぱろうる 私の一冊」に寄せられたコメントも必見です。

DSC01451

〈ぽえむ・ぱろうる〉、ジャック・プレヴェールのベストセラー詩集を連想させる粋な書店、詩にとらえられた人間にとっては、ウエブのなかった時代のオアシスでありリンボでもあった。その余韻はいまも響いている。

 


「リブロ池袋本店レポート」バックナンバー
リブロ池袋本店レポート① ひと月限りの〈ぽえむ・ぱろうる〉本日よりスタート
リブロ池袋本店レポート② 時代を超えて受け継がれる「わむぱむの絵本」50冊

リブロ池袋本店レポート③ 時代の変容を読み解く本棚「カルトグラフィア」最後の企画展
リブロ池袋本店レポート④ 歴代スタッフの「今も心に残る一冊」とリブロ池袋本店の思い出
リブロ池袋本店レポート⑤ 閉店を惜しみ作家・漫画家らがサイン

Pocket

タグ
  • ほんのひきだし公式Instagram

    ほんのひきだし公式Instagram
  • 関連記事

    ページの先頭に戻る