これぞ広島県!のご当地本「第7回広島本大賞」ノミネート作品が決定!

2017年01月12日
本屋を歩く
広島本大賞実行委員会 委員長 三島政幸(啓文社)
Pocket

広島県内の書店員とタウン誌編集者有志が、広島にゆかりのある作家、広島にゆかりのある作品の中から、これぞ我が県・広島県のご当地本と思うものを決定する広島本大賞。7回目となる今回は、2015年11月~2016年10月に発行された本の中から、10作品がノミネートされました。

1月下旬より広島県内の書店(一部店舗除く)にて、ノミネート作品を紹介するフェアがスタートします。大賞受賞作品は、3月上旬の選考会を経て、3月末に発表される予定です。

【「第7回広島本大賞」大賞作品はこちらで!】
「第7回広島本大賞」大賞作品決定!尾道が登場する森見登美彦作品と、サッカー界の「育将」の実像を描く2作

 

第7回広島本大賞 ノミネート全10作品はこちら

ノミネートされた10作品をご紹介します。紹介文は、「2017広島本大賞」公式ツイッター(@hirobooktaisho)より引用しています。こちらでは企画の進行状況や広島の本についても随時、最新情報がつぶやかれていますので、チェックしてみてください。

【広島本大賞ノミネート作品紹介1】

赤ファンのつぶやき
著者:野村宗弘
発売日:2015年11月
発行所:日本文芸社
価格:600円(税込)
ISBNコード:9784537133646

『とろける鉄工所』でおなじみの広島出身の作者による、広島カープ愛に溢れたコミック。2012年から2015年までの「優勝前夜」のカープファンの空気が伝わってきます。

【広島本大賞ノミネート作品紹介2】

カープ風雪十一年
著者:河口豪
発売日:2016年10月
発行所:青志社
価格:950円(税込)
ISBNコード:9784865900330

広島カープ初期の苦労話を初代球団代表がまとめた本が、実に56年ぶりに復刊。もしかしたら、長嶋茂雄がカープに入団していたかも……など驚きのエピソード満載。いわゆる「カープ本」の元祖的存在。

【広島本大賞ノミネート作品紹介3】

強父論
著者:阿川佐和子
発売日:2016年07月
発行所:文藝春秋
価格:1,404円(税込)
ISBNコード:9784163904917

94歳で大往生した阿川弘之さんを娘・阿川佐和子さんが振り返ったエッセイ。弘之さんの出身地・広島についての記述もあります。

【広島本大賞ノミネート作品紹介4】

銀杏アパート
著者:片島麦子
発売日:2016年04月
発行所:ポプラ社
価格:1,620円(税込)
ISBNコード:9784591149911

巨大な銀杏の木に支えられるようにして建つ「銀杏アパート」。そこで暮らす不器用な女性たちの、寂しくもあたたかな物語。著者は廿日市市出身で、物語に広島は登場しませんが、小説としての完成度の高さが評価されました。

【広島本大賞ノミネート作品紹介5】

三江線写真集
著者:山岡亮治 田原幹夫 小西昌史 原知之 福間寿彦 松島道幸 勝部恵太
発売日:2016年07月
発行所:今井印刷
価格:2,160円(税込)
ISBNコード:9784866110301

2018年3月に廃線が決定した三江線の日常の姿を収めた写真集。かつて三次駅にあった三江線専用の「0番線」や、天空の駅で知られる宇津木駅などの写真もあり。水害を防ぐために作られた珍しい「陸閘門」についても解説。

【広島本大賞ノミネート作品紹介6】

じけんじゃけん! 1
著者:安田剛助
発売日:2016年10月
発行所:白泉社
価格:648円(税込)
ISBNコード:9784592141006

ミステリ好きの美人女子高生と過ごす青春ほのぼの系コミック(ちょい百合要素あり)。広島弁が超ネイティブで全く違和感がありません。ミステリネタもマニアックで、作者のマニアぶりも伝わります。

※こちらの記事でも紹介しています!
「バリ好いとーよ♥」方言女子の漫画が「かわいい」「癒される」と人気上昇中!?

【広島本大賞ノミネート作品紹介7】

徳は孤ならず
著者:木村元彦
発売日:2016年06月
発行所:集英社
価格:1,944円(税込)
ISBNコード:9784087807936

現・サンフレッチェ広島監督の森保一など数多くの名プレイヤー&名指導者を育てた「育将」今西和男。関係者や本人への取材を通じて実像に迫る。FC岐阜時代の話は衝撃的です。

【広島本大賞ノミネート作品紹介8】

広島カープ最強のベストナイン
著者:二宮清純
発売日:2016年05月
発行所:光文社
価格:799円(税込)
ISBNコード:9784334039202

カープを長年追ってきた二宮清純さんが、現役・OBから最強のカープベストナインを選定。当人インタビューなどから、知られざるエピソードも浮き彫りに。

【広島本大賞ノミネート作品紹介9】

広島の探偵
著者:ハマカズシ
発売日:2016年10月
発行所:リンダパブリッシャーズ
価格:745円(税込)
ISBNコード:9784199052101

広島・鷹野橋に探偵事務所を構える瀧澤のもとに、次々と風変わりな依頼が舞い込んで……広島の地名もガッツリ登場するハートフルミステリ。

【広島本大賞ノミネート作品紹介10】

夜行
著者:森見登美彦
発売日:2016年10月
発行所:小学館
価格:1,512円(税込)
ISBNコード:9784093864565

森見登美彦さんの作家生活10年目の集大成とも言える、連作怪談集。第1話が「尾道」です。

 

第6回のノミネート・大賞作品はこちら

「第6回広島本大賞」大賞作品決定!広島愛あふれる野球小説とグルメ本の2作品

広島県のご当地本「第6回広島本大賞」ノミネート作品決定!

 

第7回 広島本大賞

主催:広島本大賞実行委員会
お問い合わせ:啓文社西条店(TEL.082-423-1251)
公式サイト:https://www.facebook.com/hiroshimabontaisho

〈フェア開催店舗〉
紀伊國屋書店(広島県内全店)
啓文社(広島県内全店)
廣文館(一部店舗)
フタバ図書(一部店舗)
ジュンク堂書店広島駅前店
丸善広島店
中央書店コミコミスタジオ

Pocket

タグ
  • ほんのひきだし公式Instagram

    ほんのひきだし公式Instagram
  • 関連記事

    ページの先頭に戻る