水道橋博士×川野将一がラジオを語る!『ラジオブロス』刊行記念トーク&サイン会開催【1/18・東京】

2016年12月28日
本屋を歩く
日販 リノベーショングループ 碇
Pocket

類をみない文章量と、40人規模の豪華執筆陣という日本最大級ボリュームのメールマガジン「水道橋博士のメルマ旬報」。ここで連載されている「ラジオブロス」は、テレビの放送作家にしてラジオのヘビーリスナーである川野将一さんが、久保ミツロウさん・能町みね子さん、神田沙也加さん、オードリー、宇多田ヒカルさん、aikoさん、小島慶子さん、福山雅治さん、ピース又吉さん、能年玲奈さん、星野源さん、矢口真理さんなどがパーソナリティを務める各ラジオ番組を取り上げ、その偏愛を綴った人気エッセイです。

この連載を書籍化した『ラジオブロス』が、2016年11月にイースト・プレスより発売されました。

ラジオブロス
著者:川野将一
発売日:2016年11月
発行所:イースト・プレス
価格:3,132円(税込)
ISBNコード:9784781614892

この『ラジオブロス』の刊行を記念して、1月18日(水)、文禄堂高円寺店でトークイベントが開催されます。今回のイベントでは、著者の川野さんに加え、本書を「何処を切り取っても、今、日本一の珠玉のラジオエッセーだと思います。これ以上のラジオ本は誰にも書けないと太鼓判を押します」と絶賛する、浅草キッドの水道橋博士さんをゲストにお迎えします。全848ページという、前代未聞のラジオ本の作成秘話、そしてラジオへの異常な愛情について熱いトークが展開される予定です。

またトークイベント終了後には、お二人のサイン会も行われます(※サイン会は当イベントに参加され、かつ文禄堂高円寺店にて『ラジオブロス』を購入した方が対象となります)。

 

イベント概要

『ラジオブロス』発売記念 川野将一×水道橋博士トーク&サイン会

川野将一
テレビの放送作家にしてラジオのヘビーリスナー。1971年10月、静岡県出身。1992年、大学在学中に編集プロダクションに加入。テレビ分野を中心とした記者&ライターとなり、『TeLePAL』『TV Bros.』等で執筆。1996年、放送作家事務所へ。2004年、『TV Bros.』の連載コラムをベースにした単行本『ラヂオブロス』(バジリコ)を出版。2013年11月よりメールマガジン『水道橋博士のメルマ旬報』でエッセー「ラジオブロス」を連載中。

水道橋博士
お笑い芸人で、漫才コンビ・浅草キッドのメンバー。岡山県倉敷市出身。オフィス北野所属。漫才師、コメンテーター、ライターとして雑誌にコラムやエッセイの執筆などを行っている。今年11月、『はかせのはなし』をKADOKAWAより出版。

はかせのはなし
著者:水道橋博士
発売日:2016年11月
発行所:KADOKAWA
価格:1,296円(税込)
ISBNコード:9784046013910

日時:
2017年1月18日(水)19:30開始(19:00開場)

会場:
文禄堂高円寺店(東京都杉並区高円寺北 2-6-1 高円寺千歳ビル1F)【MAP
※営業時間 (月~土) 9:00~25:00 (日・祝日) 10:00~25:00

定員:
50名

参加費:参加費:
1,800円(参加チケット及び1ドリンク)

申込方法:
「Peatix」にて事前予約を受け付けています。
http://peatix.com/event/225226

お問い合わせ:
03-5373-3371(文禄堂高円寺店)

Pocket

  • ほんのひきだし公式Instagram

    ほんのひきだし公式Instagram
  • 関連記事

    ページの先頭に戻る