• それぞれが始めた「本」にまつわる働き方―新しい本屋がこれからも生まれていくために(「本屋をリブートするには」vol.2レポート)

    2016年09月07日
    本屋を歩く
    日販 リノベーショングループ 平木
    Pocket

    書店業界の苦境が叫ばれて久しい中で生まれた、既存の枠組みを超えて、本や本屋のあり方を再定義する新しい動き。その真ん中で活躍する方をお呼びして「本屋をリブート(再起動)にするには」を考える連続イベントが行なわれています。

    今回レポートするのは第二弾。登壇者は、丘のうえのひとり出版社「三輪舎」の中岡祐介さん、駅前や公園などさまざまなところへ本を売りに行く移動本屋「BOOK TRUCK」の三田修平さん、そして前回に引き続き「KUREBOOKS」の久禮亮太さんです。企業から独立し、場所や時間に縛られず本にまつわる活動を行っている3名に、「本屋をリブート(再起動)するには」を語っていただきました。

    「本屋をリブートするには」vol.1のレポートはこちら

     

    それぞれが始めた、「本」にまつわる働き方

    中岡さん:私は自身に子どもが産まれたこと、そしてちょうどその時期に新しいことにチャレンジしたいという想いが生まれていたことがきっかけとなって、それまで勤めていた会社を退職し、「三輪舎」という一人出版社を立ち上げました。今まで出版した本は3冊で、1冊目は『赤ちゃんにきびしい国で、赤ちゃんが増えるはずがない。』、1年後に2冊目の『父親(オトン)が子どもとがっつり遊べる時期はそう何年もない。』を出して、3冊目『未来住まい方会議』が今年3月に発売されました。自分が困っていること、興味があることを本にし、仕事にしています。

    三田さん:私の仕事は大まかに分けて3つ、「本屋の運営(移動式本屋と固定店舗)」「ブックディレクション」「メディアでの本の紹介」です。BOOK TRUCKの仕事は、場所やイベントのテーマ、集まる人によって、本のセレクトと本屋のレイアウトを変更しています。週末に出店していて、出店に関しては、ありがたいことにほぼすべてお声掛けいただいたものです。

    ただ、出店自体はやっぱりものすごい肉体労働ですよ。本は重いし、出店のたびに毎回書棚を解体してレイアウトを組み直さなきゃならないので……。あとは、出店料も意外とかかります。出店料は主催者によって定額だったり歩合制だったりと様々ですが、利益率を考えると、いずれにしても新刊だけで品揃えするのは現実的ではありません。ただ、やっぱりやっていて楽しいし、この充実感は他では得られないものだなと思っています。

    久禮さん:現在はフリーランスの書店員として、神楽坂モノガタリの書籍部門の運営を軸に、マルベリーフィールドへのコンサルティングや、新刊書店チェーン数社での業務研修を組み合わせて仕事にしています。前職を辞めた当初は店舗を構えるお金もなかったので、家事・育児と両立できる働き方がしたいと思って、本の移動販売をしていました。でもやっぱり車がないと難しくて、今はお休みしています。豪雨の日なんかすごく大変なんですよね……。ただ、移動販売をしたことで「書店で待っているだけでは売れないもの」が売れた。これは新たな発見でした。

    最近担当させていただいて特に興味深かったのは、熊本の長崎書店での研修です。

    当初の依頼は「あるテーマで選書して棚を作ってほしい」というものでした。しかし私には、書店にとって大切なのは「選書の妙」以上に「どう変化させ続けるか」だという思いがありました。これをお話ししたところ、長崎書店さんもそれは同じだということが分かったので、選書だけでなく棚詰めや運営のプロセスを一緒に体験する機会を目指してみました。

    売上スリップから何を感じるか、売り場のやりくりといった“現場のリアル”は、私自身にとっても非常に勉強になりました。神楽坂モノガタリでは、〈書店での経験〉と〈カフェならではの新企画〉をどうミックスするかに挑戦しています。

    ***

    ちなみに実は三田さんと中岡さんはかつて同じ店舗で働いていて、三田さんがスタッフとして入った1年後に新入社員として中岡さんが働き始めたという、先輩・後輩の間柄なのだそうです。

    当時、三田さん・中岡さんたちが本社から言い渡されていたミッションは、「自分がいなくてもまわる、儲かる仕組みをつくる」というもの。しかし中岡さんはそのミッションのもとで働いた結果、「仕事は最終的に、仕組みではなく人だ」という気付きを得ます。一方の三田さんはその後、渋谷にある書店の書籍部門のトップとして、お店の立ち上げに携わることに。そのお店は「店を一冊の雑誌のように編集する」という、今までにはない考え方で運営されている個性的な書店。立ち上げから数年で、地域に密着していながらも「わざわざ訪ねたくなるお店」に成長しましたが、その反面「自分のお店をやりたい」という想いも膨らんでいったそうです。

    1 2
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下




  • GoogleAd:007



  • 関連記事

    ページの先頭に戻る