「本飯」がテーマのビブリオバトル 見事チャンプ本に輝いたのは……?新宿「STORY STORY」イベントレポート

2016年08月01日
本屋を歩く
一般社団法人ビブリオポルトス代表理事 小松雄也
Pocket

7月22日(金)、カフェを併設した雑貨と本のお店「STORY STORY」で「本飯-ほんめし- 心に残るあの本のあのメニュー」をテーマにビブリオバトルが開催されました。

画像1B

登場したバトラーは5名。テーマの「本飯」をさまざまな切り口で捉えた、熱のあるプレゼンが披露されました。

 

一人で寂しく食事をとるシーンが印象的『秘密の花園』

秘密の花園
著者:フランシス・エリザ・バーネット 畔柳和代
発売日:2016年06月
発行所:新潮社
価格:724円(税込)
ISBNコード:9784102214046

紹介者コメント:
15年前に出逢った一冊です。主人公の両親は流行り病で亡くなってしまい、一人で寂しく食事をとるシーンが印象的です。食べるとは生きるということを学びました。作中で友人の母が作ってくれたパンが、とても美味しそうで一度食べてみたいです。

 

料理好きな女の子が主人公『ゼラルダと人喰い鬼』

ゼラルダと人喰い鬼
著者:トミー・ウンゲラー 田村隆一 麻生九美
発売日:1977年09月
発行所:評論社
価格:1,404円(税込)
ISBNコード:9784566001114

紹介者コメント:
娘が小さい頃、読み聞かせをする中で出会った本です。食べたことのない不思議な料理の数々を見て、娘と「どんな味がするんだろう」と想像を働かせました。「料理の腕は人生を切り拓く」という教訓も学べる一冊です。

 

「美味しい」と「旨い」はどう違う? 『新解さんの謎』

新解さんの謎
著者:赤瀬川原平
発売日:1999年04月
発行所:文藝春秋
価格:594円(税込)
ISBNコード:9784167225025

紹介者コメント:
一見「本飯」のイメージのないように思われる一冊ですが、辞書としての言語表現に焦点を当ててみました。謎の男、新解さんを通じて語られる「美味しい」や「旨い」の項目、「白桃」の解説が絶妙です。「新明解国語辞典」の面白さをさらに引き出している、思いっきり笑いたい人におすすめの一冊です。

 

初めて“本飯”を作った思い出の一冊『九つの、物語』

九つの、物語
著者:橋本紡
発売日:2011年02月
発行所:集英社
価格:670円(税込)
ISBNコード:9784087466652

紹介者コメント:
本に登場した料理を初めて実際に作ったのがこの本です。一人暮らしを始めた大学生の頃に、作中に登場するトマトスパゲティを自作しました。一章に必ず一つの料理が登場し、その中でも「不真面目に作る」トマトスパゲティが良い味を出しています。

 

“植物を食べること”について考える『グリーン・レクイエム/緑幻想』

グリーン・レクイエム/緑幻想
著者:新井素子
発売日:2007年11月
発行所:東京創元社
価格:1,015円(税込)
ISBNコード:9784488728014

紹介者コメント:
一般的な食事とは別の視点でこの本を紹介します。食事には様々な考え方がありますが、もし「植物たちが食べられたくない」と望んだ場合、私たちはどうするべきでしょうか。動物を食べることだけではなく、植物を食べることについても考えるきっかけになる一冊です。小学生の読書感想文にもおすすめです。

 

見事チャンプ本に輝いたのは……?

発表後に行なわれた投票の結果、チャンプ本は『九つの、物語』に決定しました!

九つの、物語
著者:橋本紡
発売日:2011年02月
発行所:集英社
価格:670円(税込)
ISBNコード:9784087466652

お兄ちゃんが帰ってきた。幽霊になって。
大学生のゆきなの前に、水死したはずの兄が現れた。兄の手料理を食べながら、色々な物語について語りながら、二人がたどり着く場所は──。繊細な筆致で紡がれる再生の物語。

集英社BOOKNAVI『九つの、物語』より)

今回のビブリオバトルで紹介された本は、発表者による手書きPOPとともに売り場で展開されています。ぜひ一度見に行ってみてください。

1 2
Pocket

  • ほんのひきだし公式Instagram

    ほんのひきだし公式Instagram
  • 関連記事

    ページの先頭に戻る