• 又吉直樹も絶賛!大阪ほんま本大賞に選ばれた『勇者たちへの伝言』

    2016年08月08日
    本屋を歩く
    Osaka Book One Project事務局
    Pocket

    Osaka Book One Projectが選ぶ第4回「大阪ほんま本大賞(大阪の本屋と問屋が選んだ、ほんまに読んでほしい本)」に決定した増山実さんの『勇者たちへの伝言』(角川春樹事務所)が、関西エリアの本屋さんで大々的に展開されて売れています!

    紀伊國屋京橋2r

    ダイハン本店_R

    (写真協力:上/紀伊國屋書店京橋店 下/ダイハン書房本店)

     

    『勇者たちへの伝言』は「阪急ブレーブス」がキーの叙述小説

    『銀二貫』(髙田郁/幻冬舎時代小説文庫)や『仏果を得ず』(三浦しをん/双葉文庫)、『すかたん』(朝井まかて/講談社文庫)など、大阪を中心に関西にゆかりのある作品が選ばれてきた「大阪ほんま本大賞」。今回選ばれた『勇者たちへの伝言』は、かつて兵庫県・西宮市に本拠地を置いた実在の球団「阪急ブレーブス」(現在のオリックス・バファローズ)をキーに、勇気や人生、故郷といったテーマを描いた叙述小説です。

    勇者たちへの伝言
    著者:増山実
    発売日:2015年11月
    発行所:角川春樹事務所
    価格:734円(税込)
    ISBNコード:9784758439626

    ベテラン放送作家の工藤正秋は、リサーチのために乗車していた阪急神戸線の車内アナウンスに耳を奪われた。「次は……いつの日か来た道。――」それは「西宮北口」の聞き間違いだったが、彼は反射的にその駅で電車を降りた。

    小学生の頃、今は亡き父とともに西宮球場で初めてプロ野球観戦した日のことを思い出しつつ、街を歩き始めた正秋。いつしか、かつての西宮球場の跡地に建つショッピング・モールに足を踏み入れる。

    その片隅の阪急西宮ギャラリーには、野球殿堂入りした阪急ブレーブスの選手と関係者のレリーフが展示されていた。正秋の意識は、その場所から、「いつの日か来た道」へ飛んだ。四十数年前の西宮へ――。

    角川春樹事務所『勇者たちへの伝言』より)

    昭和当時の社会背景や在日朝鮮人の帰国事業と祖国での過酷な生活を描いた点が、「家族小説であるだけでなく歴史的価値もある小説」と評価され、大賞受賞作に選ばれました。また著者の増山実さんも、大阪府に生まれ育ち、関西の人気番組「ビーバップ!ハイヒール」のチーフ構成など放送作家として活躍している、関西にゆかりのある方です。

    「大阪ほんま本大賞」を受賞した『勇者たちへの伝言』は、冒頭でご紹介した書店以外にも、7月下旬以降関西エリアの各書店で大々的にフェア展開されており、売上の一部は大阪府社会福祉協議会を通じて、児童養護施設への図書寄贈に使用されます。

     

    Osaka Book One Project(OBOP)とは

    「大阪の本屋と問屋が垣根を越えて一冊のほんまにええ本を売ろう」と集まった大阪の文学賞で、2013年に制定されました。選書の条件は、①大阪に由来のある著者、物語であること ②文庫であること ③著者が存命であることの3点。特徴は、売り上げの一部を使用し大阪府社会福祉協議会を通じて、児童養護施設へ本の寄贈を行っている点です。図書の選定を児童養護施設に依頼し、子どもたちに選ぶ楽しさ、本を読む楽しさを伝えています。

    〈過去の選定作〉

    銀二貫
    著者:高田郁
    発売日:2010年08月
    発行所:幻冬舎
    価格:648円(税込)
    ISBNコード:9784344415324

    仏果を得ず
    著者:三浦しをん
    発売日:2011年07月
    発行所:双葉社
    価格:648円(税込)
    ISBNコード:9784575514445
    すかたん
    著者:朝井まかて
    発売日:2014年05月
    発行所:講談社
    価格:745円(税込)
    ISBNコード:9784062778398

    大阪の書店員が読み解く「朝井まかて」の魅力


    「Osaka Book One Project」公式Facebookページ
    https://www.facebook.com/OsakaBookOneProject

    Pocket






  • 関連記事

    ページの先頭に戻る