• 綺麗なだけじゃない?意外と機能的なガラスペンの試し書きはいかがですか? 3月27日(日)未来屋書店岡山店にて

    2016年03月05日
    本屋を歩く
    日販 岡山支店 藤井
    Pocket

    2016年3月27日(日)に未来屋書店岡山店の中にある文具・雑貨専門店「Reading and Writing」にて、ガラスペンの試筆イベントが開催されます。

     

    ガラスペンとは?

    1902年に日本の風鈴職人の手によって生まれたガラス製のつけペンです。一般のつけペンと比べてインクの持ちがよいため、一度インクを補充するとハガキ一枚ほど書き続けることができ、また万年筆などと違ってあらゆる方向にペン先を走らせられるので、長く書いても疲れにくいという利点があります。その他、簡単にインクの色を変えられることや、破損に気をつければ永く使えることもガラスペンの魅力です。
    工芸品としても高く評価されており、ヨーロッパを中心に世界中で愛用されています。

    ガラスペン_クラシック

     

    当日は岡山県美作市出身のガラス作家・岡本常秀さんも参加され、ガラスペンに関する質問を受け付けます。またイベント限定の特典として、インクボトルセットを購入すると岡本さんによる刻印サービスが受けられます。

    ガラスペン_.インクボトルjpg(写真中央上がインクボトルです)

     

    ガラス作家  岡本常秀さん

    岡山県美作市出身。従来のイメージとは異なる独特な表現方法で、ガラスとは思えない異端な作品を中心に制作。美作市のガラス工房「Glass Studio TooS」を拠点とし、百貨店などで個展、販売もしています(ガラスペンのネット販売はしていません)。
    岡本さんの作る「ガラスペン」は吹き硝子の手法。すべて手作業で作成されているため、それぞれが「オンリーワン」の商品です。

     

    20160327_インクボトルガラスペン「試筆イベント」

     

    ガラスペン試筆イベント詳細

    日時:2016年3月27日(日)15:00~16:00
    店舗:未来屋書店岡山店
    〒700-0907 岡山県岡山市北区下石井1-18-1 イオンモール岡山5F(MAP
    問い合わせ先:086-803-5085
    営業時間:10:00~21:00
    主催:未来屋書店岡山店 Reading and Writing

    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下




  • GoogleAd:007



  • 関連記事

    ページの先頭に戻る